アルダブラゾウガメ玄の生活 ― 気は心と体をつなぐもの

整体生活・野口整体と生きることをひとつに

命日

 先日、整体の師匠の命日を迎え、当時のことを思い返していた。私は亡くなる二年半前から先生の身体を毎日観始めたが、その時から身体を観ている時は師匠と思うのはやめよう、と決めたことを思い出した。あの時から、私の本当の独立が始まったんだな…と思う。でも不思議なことに、私は弟子だった時よりも今の方がいつも一緒にいるような気がしている。

 先生が亡くなった後、私は世界の見え方が変わった気がしたが、それは私が見るものを先生も常に一緒に見ているという感覚になったからだと思う。

 それでも命日になると、悲しいわけではなくても少々気持ちが過去に向かうもので、翌日もちょっとぼんやりしていたのだが、公共施設の古書リサイクルコーナーの前を通りかかった時、懐かしの『こどものとも』(福音館書店)が目に飛び込んできた。それも1960年代の復刻版が10冊ぐらい、珍しいものも含まれていた。

 私はその昔、児童書とヨーロッパのおもちゃを扱う店で働いていたことがあったので、それがレアものだと分かったのだが、ほとんどの人はただの子供向け冊子と思うだろう。状態の良いものを言えないぐらいの廉価で手に入れてしまった。

 串田孫一『ひとりでやまへいったケン』、クロード・岡本『てじなしとこねこ』などは初めて見たが、現在発売されていないのが残念なほど良い絵本である。クロード・岡本というのはまだ10代の画家で、当時かなり話題になった作品のようだ。しかし現在、活動していないという。

高値で売れたりするのかな…。

f:id:kotsuban0731:20220518233756j:image

 そして宮脇公実画の『あかずきん』。狼の顔が恐くてそのページを開けない子がいるという話を聞いたことがあるが、噂にたがわぬ怖い顔である…。まあ、本当に悪いやつはこんな分かりやすい「悪い顔」はしていないのだが、いかにも悪の権化という顔だ。絵が怖すぎたのか、現在絶版。

f:id:kotsuban0731:20220518233827j:image

 串田孫一は背表紙に「絵本は母親の芸術であると言われるが、父親の芸術でもある」という一文を寄せ、「もっともっと父親の絵本が生まれることを、子どもとともに切望します」と結んでいる。手に入れた10冊みな名作ぞろいで、当時の作者たちの児童書に対する熱量が伺えるいい出物だった。

 しかし心が今、ここになければ、いいものがあっても目に入らず、存在しないのと同じことになる。これも先生からの教育的指導、かもしれない。

池上本門寺

 私がよく通る道(町田市)に「長栄稲荷」というお稲荷さんがある。聞いたことのない名前だったので調べてみたら、池上本門寺が発祥で、江戸時代はかなり流行ったお稲荷さんらしい。

 この神様は日蓮佐渡流罪になった時に翁の姿で現れ、長栄大威徳天と名乗り日蓮の守護神?になり、日蓮没後は池上本門寺の参詣者を守護するようになったそうだが(池上本門寺日蓮が亡くなった場所)、由来からはなぜ稲荷なのかが分からない。大黒天も同じお堂で祀られており、神仏習合色の強い不思議なお稲荷さんである。

 そこで、先日思い立って池上本門寺にお参りして来た。川崎大師にもあるが、池上本門寺の門前でもこねた小麦粉を一年程発酵させて作る古式くず餅(久寿餅)が有名である。私は電車の中で帰りにくず餅を食べると決め、参道を歩いて何軒かあるお店を見比べてみた。

 その中で浅野屋本舗という一番小さな店構えのお店がおいしそうな雰囲気を醸し出していたので、そこで食べてみたのだが、お、美味しい…。やはり3種の勘は鋭い、と我ながら感心した。

 匂いなどはないけれど発酵食品特有のこくがあり、蜜もくどくなくて、きな粉は香り高い。1752年創業の老舗だけある。不思議なことにくず餅を食べた後、お腹がぽかぽかと暖かかった。これもご利益のうちだろうか。豆かん(寒天+塩味の赤豌豆に黒蜜)を買って帰ったがこれも美味しかった。

 こういうことを書くと写真があればいいのにと思うのだが、私は食べ物を前にすると頭が真っ白になってしまうので、食べる前に写真を撮ることができないのが情けない。妙見坂の写真だけアップしておく。

 父方の菩提寺の話を少しすると、古代に(132年)に勧請された明神(のち宗像三女神神仏習合により宗像弁財天)を祭祀していた地に、平安時代(791)に坂上田村麻呂蝦夷討伏の途中で、都から守り本尊として携帯していた行基菩薩作の不動明王像と諏訪明神を安置したのが始まりという伝承がある。

 おそらく海の民の神を祀っていた所に仏教が習合されたということだろう。そして室町時代真言宗から日蓮宗に改宗したという。

 日蓮宗になってからも不動明王を祀るお堂と不動の滝は行場として機能しており、祖母は厚く信仰していたようだ。

 私の父と伯父(多分私の母と伯母も)は古臭い加持祈祷とか、不幸な人が頼るものという風に、あまり良く思っていなかった節がある。

 以前、鈴木大拙が生い立ちを語った文章を全集で読んだ時、大拙の母が浄土真宗の秘事法門(真宗で禁じられている自力行をする)に関わり、滝行などもやっていたと述べており、大拙は自身の宗教性の大本に母の影響があることを認めていた。

 私はそれで驚いたことがあるのだが、同時に祖母のことを思った。祖母の菩提寺日蓮宗ではあるが、不動信仰も妙見信仰も宗像信仰も全部受け入れた寺で、秘事法門のように弾圧されるようなこともなかったようだが、大拙の母も近代化の中で夫と財産と子どもを失い苦労した人であり、祖母も戦争で夫(祖父)を失い苦労した人であったからだ。

 そして祖母は自身の信心が子どもたちにあまり理解されなかったことが寂しかったのではないかなと想像した。

 ともあれ、池上本門寺は生きた信仰の場という雰囲気があり、穏やかで良いお寺だった。これまで私が関心を持ったのは真言宗禅宗で、日蓮に興味を持ったことがなかったのだが、日蓮が非常に神仏習合色が強い人であることにちょっと興味が出て来た。

 そして漠然と、父が祖母の宗教心をあまり否定的に捉えないようになってくれたらいいな…と思っている。


f:id:kotsuban0731:20220507232014j:image

 

 

これからの霊学

 久しぶりにバナナブレッドを作ってみた。バナナブレッドは簡単手作りおやつの定番だが、昨年末に作った時、なぜかバナナういろうのような焼き上がりになってしまい、その後作る気になれなくなっていた。

 しかし先日、卵を泡立てて作るレシピを見つけ、それを参考にしてリベンジを果たすことができたのだ。やっぱりバナナブレッドはおいしい!でも、バナナブレッドは卵を泡立てないで作るアメリカ風(どっしり)が主流で、卵泡立て式(ふんわり)はバナナケーキ…という説もある。

 ともあれバナナブレッドをかじりながら、先日友人に教えてもらった鈴木大拙と神智学とのつながりについて考えてみた。

 日本では、神智学はほぼオカルト認定されているが、ジェフ・ベゾスGoogleの幹部などが受けた教育として知られるモンテッソーリ教育創始者は神智学との関係が深い人である。

 アメリカでは20年ほど前から、子どもの教育に熱心で経済的ゆとりのある家庭は、小学校ぐらいまでシュタイナーのヴォルドルフスクールかモンテッソーリ教育の学校に子どもを通わせるのが一般的になっているようだ。

 ただ、ユングなどは神智学に批判的だったし、神智学会にはいろいろ問題もあって、シュタイナーのように共鳴したものの後に神智学会から離れた人も多い。

 それにしても、鈴木大拙が結構深く関わっていたのは知らなかった。アメリカ人の奥さんの影響もあるのだろうか?鈴木大拙は昔、「フリーメイソンと関係がある」とか(古典的…)、陰謀論めいた怪しい噂が立ったりもしたようなのだが、神智学との関係も影響していたかもしれないなと思った。しかし海外では日本ほど怪しいというイメージはなく、東洋の宗教が広く西洋に受け入れられていったのは神智学の影響があると思われる。

 神智学が興った19世紀末~20世紀初頭、アメリカやヨーロッパでは、すでにキリスト教プロテスタントカトリックも)が心の救いにならない人が多くなっていた。教団の維持と教義が宗教の主体となっている問題は仏教など東洋の宗教も同じで、鈴木大拙キリスト教だけの問題ではないという認識を早くから持っていたのだと思う。

 19世紀末~20世紀初頭というのは、むき出しの資本主義、戦争…という暴力が支配する時代だったが、だからこそ霊性や宗教性が改めて問い直されたのだろう。

 当時の霊学が今の精神世界的な言説の源流にあり、当時の水準は超えていない。まあ、それは人間が当時の先覚者が目指したほど進化しなかったということで、パンデミックウクライナ侵攻を見てもそう思える。

 私は最初にシュタイナーの『神智学の門前にて』という入門書を読んだ時、死と死後のことにかなりの頁を割かれていることが意外に思えたのだが、段々、そこが人々に求められていたのだということがわかってきた。

 とりあえず宗教が機能しなくなって、一番壁に突き当たるというか、行き詰るとしたら死をどう理解し、受け入れるかということなのだ。宗教ではなくとも、何らかの死生観がないと死を受容することも難しい。

 日本では戦後に入ってもお墓を買ってお葬式をして子どもや孫に法事をしてもらう…というような素朴な死生観?が一般的で、仏壇などもそれなりに心の支えとしての機能を持っていた。

 やはり伝統的に、血統の存続が魂の永遠や再生と一つとされてきたからだろう。そういう宗教だとも言える。世襲やイエ制度というのはもうちょっと社会制度化されているが、原点はそこにある。皇室の万世一系とか男系維持というのはその原理主義的な形態だろう。(読者数多いブログだったら炎上かな…)

 しかし今、仮に墓を買うことはできても、普通の家が代々維持していくことは不可能になってきており、葬送儀礼や墓のあり方は変化していくだろう。こういう物理的な前提が変わっていくことから、嫌でも地縁・血縁から離れた死、個人としての死を考えるきっかけになっていくのではないかと思う。

 たとえば先日、私の伯母が亡くなったが、伯母は子どもがおらず、妹に当たる母が先に亡くなった夫の墓じまいと永代供養をすることになった。伯母は自分が墓に入った後、墓は風化して消える…いう素朴な考えだったようだがそうはいかないのだ。しかしそうなると位牌、仏壇というものもなくなるわけで、遺族は形として納まりがつかないような感じになる。

 実家に帰った時にそういう様子が感じられたので、写真、花、香炉と燭台、戒名を書いた神を置いて手を合わせる場所を設え、私がいる間は手を合わせるようにした。すると母や他の人たちも手を合わせてくれ、意外と好評だった。型通りでなくてもいいのである。

 両親も墓については考えているようだが、私は「孫に墓を見させようなどと考えない方がいい」と言っておいた。小さな変化だけれど、きっとこうやって、普通の人の中から意識が変化していくのだ。

 19世紀末~20世紀初頭はカリスマの時代で、今はもう当時のような霊的指導者が何人も出てくることはないだろう。現代は個人が様々な形で死に向き合うことで霊性につながる新しい扉が開く…というのが、これからの道筋なのだと思う。

 

 

脚下照顧

 コンビニに行く道すがら、ふと足元を見たら、土が溜まった排水口の中で、スミレが咲いていた。鉄格子越しに見えるスミレを見ていたら、不思議とウクライナの子どもを連想した。

 その帰り道、なぜウクライナの子どものことを思ったのか理由を思い出した。昔、学生だった頃、私は友人とセバスチャン・サルガド(報道写真家)の写真展を見に行ったことがあって、そこで床下の地面に掘られた、格子をはめた穴から黒人の男の子が見る者をじっと見あげている写真があったのだ。

 それが印象に残っており、穴の中でスミレが太陽に向かって咲いているのを格子越しに見た時、スミレが私を見上げているように感じた。

 写真で見たアフリカの子どもも、恐ろしいゲリラから身を隠すために地下に入っていたので、ウクライナの子どもを連想したのだろう。

 セバスチャン・サルガドの写真は報道写真でありながら絵画的というか、起きている出来事(事件)ではなく、人間の心情を伝える要素が強いのが特徴で、ちょっとフィクション感があるほどである。

 しかし、撮る人と撮られる人の心情、その現場の状況、時、こうしたもの全体を象徴する瞬間を捉えている写真だから、シンボリックで連想を呼び起こしやすいのだろう。私にとっては、戦時下の子どもという象徴だ。

 現実感がなくなる位、暴力と破壊が荒れ狂っている世界から身を隠しながら、地下から格子越しにこちらを見つめている、生き生きした眼。一方的に見られる存在ではなく、向こうもこっちを見返している。生命が、存在を主張している。

 こういう時、写真というものの不思議さを感じる。リアリティを逸脱しているような。

 それはともかく、父が無事退院できたので一安心である。入院前、父から「巻き爪」について聞かれたのだが、父はここ数年来、巻き爪に難儀していたようだ。

 巻き爪というのは足指(特に親指)に起こりやすいが、根本的には足の親指がいつも地面から浮いたような状態になり、足指に力が入らない立ち方、歩き方になっていることが原因にある。

 その理由は、整体的にはやはり頭の緊張が慢性的に強いこと、腰が硬張っていることが考えられる。体の状態を全体的に(整体的に)見ると、今回の病気とも無関係ではないことが分かる。まあ、父には足の母指球をゴルフボールでマッサージすることや、歩き方、立ち方ぐらいの話しかできないのだけれど。

 ついでに西洋医学的な巻き爪についての考え方も調べたのだが、その中に「足指の爪はもともと巻いてしまうもので、歩く時に足指に力が入ることで平らな状態が保たれている」という記述があり、ちょっと驚いた。足指が浮いた状態で、使われていないと巻いてしまうのが普通とのこと。これは知らなかった…。

 足というのは、人間が霊長類から人間になっていく上で生じた無理が集約されるところでもあるのだろうか。私は観察で足をよく見るのだが、足の形というのはその人の無理や抑圧、我慢や何かに耐えて緊張している生活を表象しているものである。

 巻き爪ではなくても、仰向けに寝たリラックス状態でも足の親指が上に上がったままの人は意外といるものだ。無意識的な癖だと思っていることが多いが、その背景には感情抑制、神経疲労、頭(脳)の緊張がある。たまにはじっと足を見て、自分の状態を把握してほしい。


f:id:kotsuban0731:20220409015005j:image

春の変動

 今、父の入院で実家に戻っている。全然変わらない、伯母の葬儀を仕切った…というはなしを聞いていたが、入院の前日会ってみると少し痩せて翳りがないというわけではなかった。

 それでも開腹手術をしないで済んで、安心した。ちょっと言いにくい重い病名ではあるが、病気云々以前に、体幹部の筋肉を切るというのは一般に考えられているより大変なことなのだ。特に高齢者は、切開部の回復自体の経過が悪いことも多いし、運動系全体に影響する。

 そんな中、ある人に個人指導をすることになったのだが、父の手術にあまり影響されることなく指導ができて、ちと成長したかな?と自画自賛。行き帰り通った春の田舎道は花盛りで自転車をこぐのが気持ちよかった。

 そして郷里に帰ると必ず行く名もない神社にお参りした。本当に名もなくて、多分明治時代に合祀された神社だと思うが、誰かが変わらずに守っている神社だ。敷地は結構広く、入口はシャガが盛りで、階段脇にはマムシグサウラシマソウがたくさんあった。

 ちょっと調べてみると、マムシグサは全草に猛毒があり、ウラシマソウは環境や成育年数などによって性転換するのだそうだ。見た目も個性的だが生態も個性的である。

 それでは、帰ったらまた書こうかな…。上の写真はウラシマソウ、下はマムシグサマムシグサは触るだけでかぶれることがあるそうで、見かけたら要注意。

 

f:id:kotsuban0731:20220331214747j:image
f:id:kotsuban0731:20220331214800j:image

 

 

 

追記 鎮痛解熱剤について

もし、身近に新型コロナに感染して、筋肉痛や関節痛に苦しんでいる人がいたら、とにかく「水を飲むこと」を勧めてほしい。これはある医師が勧めていることだが、顕著な効果をあげている。

解熱鎮痛剤は中枢神経に作用する薬で、経過を乱したり停滞させたりすることが多く、長期的には鈍りにつながるので、これに頼ることはできる限り避けてほしいというのが野口整体の考えである。

感染時にはカロナールというアセトアミノフェン主成分の薬が広く処方され、37度を超えると飲んでしまう人、処方分を飲み切ろうとする人が多い。

しかし、医学的には38.5℃以上が目安とされており、飲まなければならないというものでもない。また水を飲まないでいると、体温はそれだけで上がりやすくなるものである。

鎮痛解熱剤の類は対症療法薬として様々な場面で使われるが、野口整体を実践していない人も、正確な知識を持って使用するようにしてほしい。