アルダブラゾウガメ玄の生活 ― 気は心と体をつなぐもの

野口整体を探究・実践する「整体生活」について

病症が身体を治す

病症の意味を理解する 

 前々回書いた内容についてのコメントを頂いていて、そのことについて書きたいな…と思いながら書けなかったのだが、ちょっと書けそうな気がしてきたので書いてみる。でもきっとちゃんとはまとめられそうもない…。

 

 以前、私は、整体の勉強を本格的にするかどうかを決めようとしていた頃、普通小学校のクラスで、多動と自閉があると言われている男の子の学習介助をやったことについて書いたことがある。

 弟子入りするために引っ越すことを決めた後、その子と離れ難くなっていた私は、学年末に思い切って「六年生になったら、私はもう来られなくなる」とその子に話した。すると彼はあっけらかんと「○○さん(私の名前)、死んじゃうの?」と言った。

 私はその言葉にはっとして、「さよならとは、少しの間、死ぬことだ」という古いハードボイルド映画の探偵の台詞を思い出した。彼がなぜそのように理解するようになったのか分からないが、感傷に浸ることのない、彼の禅的ともいえる言葉が今でも強く印象に残っている。

  今回、コメントしてくれた人の話に入ろう。

もしかしたら病気以外の事故や破産、

大切な人との別れと言った人生の打撃全てが

魂が自らを成長させるために

無意識に引き寄せる事なのかも知れません。

病気を経過することによって得られる果実があまりに大きく、

現在の、その人にとって様々な意味において

背負いきれない影響を及ぼすとするなら、

死という道を選択し、さなぎと成りながらメタモルフォーゼを待つ。

という事もあるのでしょう⋯

 と言う。

 確かに、子どもの感染症のほぼ全てが免疫獲得と発達に必要であることはよく知られているし、病症が始まるときというのは、偏り疲労が限界に達してそれを打開しようとする方向に移り始める時だ。経過が乱れたり慢性化することもあるが、最初はそうだ。

 前回、頸椎の痛みのことを書いてはみたものの、プライバシーに配慮が足りないと思い削除したのだが、頸椎というのは情動的なショックが最初にあって、そこから立ち直ろうとして痛みや障りが起こることが多い。

 痛みのある部位にヘルニアがある場合も、以前からそこに歪む癖がある、また下腹の力が弱くて重心が高く、頸で衝撃を受けやすいという前提がある場合が多いのではないだろうか。そして情動が起きた後、身心の安らぎが得られず弛めない時、強い痛みが生じるのだ。

 様々な出来事も、それができるかどうかはわからないが、今の自分を超えるために、無意識的に自らそれを招くのだろう。

 がんになるということは、身心の深い層で分離が起き、その分離した部分が全体的な秩序に従わず暴走しているということだと思うが、がん細胞そのものは「死なない細胞」であるというのは本当に不思議だ。深い絶望と、生きようとする生命の葛藤なのかもしれない。

 先生は晩年、自分が個人指導をする意味を問い続けていたのだと思う。先生の個人指導は潜在意識を中心としていて、受ける側がそれを意識化し、理解する、言語化するという面を重視していた。

 それは野口先生との相違であったと思うが、それでも相手は無意識のまま、またさほどとは感じないまま終わるという部分は相当にあって、指導者が関与することの意味も、実際には相手によく分からないということも多い。

 それに耐えていくのが修行と言えばそうだが、身体的な実践で体験する内容というのはその人がどういう理解をしているか、どのくらいの信があるか、どのくらい心を開いているかによって変わる。

 命を削るように指導しても、受ける側は浅い理解になっていく一方のように感じられたのではないだろうか。そういう問いがあって、先生は未刊の原稿に取り組み続けていたのだと思う。

 ちょっと先生と先生の指導を知らない人には理解できない内容になってしまったが、きっと先生は、野口先生の下で再び修行をしているに違いない、と私は思っている。

 

野口整体ってなんだろう

気は心と体をつなぐもの

 最近、出版関係の仕事をしている女性二人とお会いして話をする機会があった。一人は30代後半、もう一人は50代前半である。

 その時、話の流れで「整体協会の代表者は世襲で、指導者も世襲が多い」という話をしたら、一人には驚かれ、もう一人には笑われてしまった。「そ、そんなに変かな…?」と私の方こそびっくりしてしまった。二人とも前衛的な仕事をしているわけではなく、ごく普通の感覚の持主だ。

 野口晴哉先生が亡くなる直前、最高段位の10段位を出したのは故・臼井栄子先生おひとりだったと聞いている。こうした経緯などをみても、野口先生が自身の死後、世襲を望んでいたとは私には思えないのだが、会員を含め、組織の中で世襲という体制を望む人が多いために、そのようになっていったのではないかと思う。

 だから、あまり変だとも思わなかったのだが、それは私が外部の人間で、自分とは直接関係ないことだと思っていたからかもしれない。やはり一般には「整体協会ってそうなんだ」ではなく「野口整体ってそうなんだ」という見方になるので、そうなると私も無関係ではなくなってしまう。野口整体の特殊性を、こういうところからも感じる人がいるかもしれないな…とも思った。

 また、二人に「体の構えを覚えるための型の練習がある」と言ったら、これも茶道や武道なんかの稽古みたいだと驚かれた。やはり「野口整体はふつうの整体と何が違うのか」ということを、相手にわかる言葉で話をする必要があるんだなと思う。

 そういう場合、私が一番伝えなければと思うのは、「気は心と体をつなぐもの」、つまり心と体の両面に関与するのが整体だということだ。

 やはり、何が原因でこうなっているのか、そして病院で治療を受けるとしたらどういう問題があるのかまでを一連のものとして理解するには、自分の心のはたらきを含めて、実感を持って理解する必要があると思う。

 

 

私の死生観試論

死という治癒

 私の手元に『癒しを生きた人々 近代知のオルタナティブ』(専修大学出版)という本がある。これは、明治~昭和初期の近代化過程で起こった岡田式正坐法(修養法)、森田療法心理療法)、大本教新興宗教)、マクロビオティック(食餌療法)、野口整体(言わずと知れた)の創始者と成立過程、時代背景などを章立てでまとめた本で、こういうテーマでは参考文献として挙げられることも多い。

 この本を初めて読んだのはもうかなり昔のことで、その後も何回か読んでいるが、最近「二章 霊―大本と鎮魂帰神」(弓山達也)を何気なく読み返した。すると、植芝守平(合気道創始者)が父の病気の相談で出口王仁三郎に会っている時、植芝の父が亡くなった、というところがあり、註によると、植芝守平は当時を回想し「亡くなったということは、(病気が)治ったことでしょう」と言ったという。

 私はこの植芝守平の言葉にはっとした。今までなぜ気がつかなったのだろう。実は、私も整体の先生が亡くなった後、がんで死んだのではなく「先生は死によって治癒した」と思うようになったのだ。「やはりそうか!」という思いだった。

 今のところ、確信をもってそうだと言えるのは私の整体の先生だけで、違う場合もあるだろう。しかし、病症というものの本質を考えると、かなり普遍的に言えることなのではないかと思っている。

 先生は直腸がんだったが、野口晴哉先生は「心に受けたショックと直腸癌」について次のように述べている。

心の怪我、打撲といったような、ふいに何か言われたことが痛みに感じられていつまでも残り、他日の病気の基になる。いま、直腸癌が流行しておりますが、ドキッとするようなことを言われた時、信頼をガタっと裏切られたような後になる。その後はドンドン物理的にそういう方向に進んでいく。それをいくら取り消したって同じである。だから直腸癌になった人は「どんなことが原因か」と言って追究していくと、たいていそういう原因にぶつかる。

(人間の構造『月刊全生』)

 

 野口先生は心の打撲によって部分が全体から分離し、秩序が破綻する方向へ向かう力が働く時、直腸がんになると言っている。経緯は省略するが、先生の場合はこの内容のそのままだった。その上先生は、その打撲がどういうことかを自覚していたし、そこから抜け出せない自分の潜在意識にも気づいていた。

 私が毎晩のように先生を観るようになって4~5か月ほど経った頃から活元運動が戻ってきていたし、亡くなる半年前までは、激しい痛みと症状と引き換えに、頭の緊張が弛み体の弾力が戻るのを繰り返していた。大真面目な顔で「今朝、朝立ちしとった!」と顔を見るなり言われて面食らったこともある(がんである人に、熟睡と健康の証である朝立ちが起こるのは稀なこと)。こういう状態は、体という意味ではがんと共存できる状態と言えるだろう。

 しかし、先生の全体性、魂を含めたレベルではどうだっただろう。先生は体から離れた次元に向い始めていたのではないだろうか。

 私は、体から心が離れた状態(麻痺・鈍り)を打開し、統合を取り戻そうとする働きが病症なのだと考えている。だから、生きている状態で統合できなければ、死によって統合しようとするのだと思う。治癒とは心と体、意識と無意識が統合性を取り戻すということで、それは生と死両方の場合があるということだ。

 死が治癒のもう一つの在り方だとすると、先生が最期の日に病院のベッドで右肺を弛める姿勢を無意識にとっていたのも自然なことだと思える。

 こういうことは一般化することはできないし、野口整体という枠組みからもはみ出しているかもしれない。それにいろんな水準の話がごちゃごちゃになっていて、あまりうまく説明できていないとも思う。でも、今思っていることを正直に書いてみた。自然な死とは何かを考える上で、参考になればと思う。

 

技術を使う心 5

技術を使う心

野口晴哉

『月刊全生』昭和40年5月号 広島講習伝授会記録

 病人になった人が病気を治そう治そうと思っている間は治りはしません。にらめっこしていて、それを無くそうとしたって、それは無理です。にらめっこしている程に相手は大きくなる。注意を集める程に大きくなる。時計の音だって注意しなければ聞えないけれど、注意すれば眠りを妨げられる程耳やかましい。

 だから病気だって、こういう徴候はここがわるいんだ、背骨が曲ってる、腰が曲ってると、いちいち気にして追っかけていたら、一生病気の続きですよ。完全無欠の状態なんて空想の中にしかない。探せば必ずアラがある。だから病人というのは病気と対立しているが故に、他の人が感じられないような何でもないことを病気として感じられる。注意が集まっているからです。だから病気を治そうと一生懸命な人程、健康になろうと一生懸命に努力している人達程健全でない。遠ざかっている。囚われている。

 だから病人はくどくどやかましくて、一寸動いても胸がドキドキしましたなんていうでしょう。普通の人だってそんなドキドキは沢山にあります。けれどもそんなこと忘れてしまっている。病人だけドキドキしたことを大切に思っている。注意する程にそれが過大に感じる。

 だから病気に注意し、健康になろうと努力し、病気と闘おうと思うような意識的な集中があまり行なわれゝば逆効果のもとである。だから治療する人に対して忠実な、又衛生の書物に忠実な病人というものは、健康になる機会を自づから放棄しているといえる。整体操法でもそうなんですよ。「まだこゝが曲っている」「今朝起きたら腰が痛かったから、腰が曲っているんじゃないでしょうか」なんていってやってくる人が沢山にある。それは異常に対しては敏感であるが、自分で治る力を持っていることを忘れてしまっている。それを教えなくてはいけない。

 正してやることが親切ではなくて、体は自分で調っていくことを教えなくてはいけない。まァどんなことでも過敏になればそうなる。私はオーディオといって、レコードの音を再生することに興味を持っておりますが、人間の耳というのは一万二千サイクル以上は殆んど聞こえない。せいぜい聞こえても二万迄であるが、二万とか一万八千とかいう音はあってもなくても同じようなものです。

 それにも拘わらず、その音が出るか出ないかでは費用でいえば何百万円という差がありますのに、その大がかりな設備を求め凝っている。自分でも時々可笑しくなりますが、こういう勢で病人が病気にこったら、何でも病気の材料になるんだろうナと可笑しいのであります。

   

 誰もいろいろな欠点を持ちながら生きていけるのは、それを乗り超える心や体のはたらきがあるからです。

 その乗り超える心や体のはたらきを開拓しないで、病気に気を奪われて、それを治すことに一生懸命になっているとしたならば、どんな努力したとて、それは整体指導とはいえない。やはりそれを乗り超える力を、心の中から、体の中から喚び起こさなくてはならない。

 乗り超える力があれば失敗はない。乗り超えられないから失敗なのです。乗り超えられゝば、それは成功への基礎なのです。病気だってそうなんです。乗り超えられゝば健康への道なのです。

 だから乗り超えられる力があったら、いくら壊れようが病気ではない。つまずこうと失敗したのではない。こうすれば失敗するということがわかったのだから、失敗が一つ減ったことになる。ただ乗り超える自覚のない者がクヨクヨしているだけです。だから私達はその人達のヘナヘナな気持の中から、それ等を乗り超えていく心や体の力を喚び起こし、認め出していく。そうしてその使い方を教えていく。

 どうぞ整体指導をそういうように御会得頂いて、あゝ押す、こう押すと、押す場所を憶えることにあまりムキにならないで、そういう技術を通して心や体の使い方をお伝え頂きたい。では之で―。

年上の友だちを亡くして思うこと

持ちのいい顔、悪い顔 

 数日前、昔の友人が亡くなったという連絡が入った。それもヒマラヤ(ネパール)の、富士山山頂ぐらいの場所でトレッキング中、あっという間に亡くなってしまった。

 もう長いこと会っておらず、連絡も途絶えていたのだが、私はこの人が大好きだった。私より年上の女性で、人を受け入れる器が大きい人だった。

 Hさん、としておこう。Hさんは京都の人で、たしか日本舞踊か神楽舞を長くやっていた関係で、舞台の衣装や小道具の仕事をしていた。都おどりの仕事を長年していたので、芸妓たちと接することも多かったようだ。出版社でも仕事をすると言っていたが、ちょっと不思議な人だった。

 Hさんと出会った頃、彼女は私の顔を見て「あんた、ええ顔やナ。美人ゆうのとは違うけど、これは持ちのええ顔やで。」と言った。持ちの良い顔?当時、私は若かったので、どういうことなのか聞いてみると、いわゆる美人という種族は「持ちが良くない」、長持ちしない人が多いのだという。

 その点、私の顔は年齢がいってもあまり変わらない「長持ちする顔」で、芸者や役者もそういう顔の方が長く仕事ができるということだった。

 私はまだそういう観点で顔を捉えたことがなかったので、「うーん、なるほど!」と感じ入り、なんだかうれしくなった。「美人ゆうのとは違うけど」という言葉は切り捨ててしまうのだから、勝手なものである。

 整体を始めた後、私は美容整形を行う医師と親しくなったのだが、彼曰く、「美容整形はもともと美人の人がやるもの」なのだそうだ。確かに私が美容整形するとしても、どこから着手すれば美人になるのか思いつかない。しかしもともと美人ならば「ここを治せば完璧」というのが分かりやすいし、変化も大きいのだろう。それで気に病んでしまうことにもなるのかもしれない。

 この話を聞いて、私はHさんが「持ちのいい顔」と言ってくれたことを思い出し、「やっぱり持ちのいい顔の方がいいなあ」と思ったのだった。

 Hさんと出会った場所は中国西南部にある雲南省昆明市、そこも富士山七合目ぐらいの高地だった。足が強くて、健康そのものに見える人だったけれど、私は彼女がちょっと苦しそうに胸を押さえるのを目にしたことがある。心配になって「大丈夫?」と聞くと、彼女は「時々こうなんねん」と言っていたから、もともとの素質があって、今回亡くなることに至ったのかもしれない。

 彼女は当時からネパールが好きで、ヒマラヤで亡くなるというのは、彼女らしいような気もする。「無心」というか、独特の澄んだ心の持主で、虚空蔵というか、天空とつながっているような気がした。料理上手で優しく、女性らしい人だったけれど、裡にはどこか女離れしたところもある人だった。

 Hさんは享年67歳。早いと言えば早いけれど、彼女のことだから、まっさらな心で、新たな次元へ旅立っただろう。葬儀は神道で行うとのことで、神道の持つ清明さは、彼女に似合うと思った。

 でも、やっぱりこの世から彼女がいなくなるのは寂しくて、何だか、良い人から先に連れていかれてしまうような気持にもなった。すぐ近くにいて、いつでも会えた頃、私は自分を開くことで相手とつながるというのができなかったから、彼女に甘えたいのに甘えられないような気がいつもしていた。もっともっと、話がしたかった。彼女のことを知りたかった。

 今ならそうできるのに、彼女はもういない。後悔しない生き方をするには、開かれた自分でいることが大切なんだな、と思った。

技術を使う心 4

技術を使う心

野口晴哉

『月刊全生』昭和40年5月号 広島講習伝授会記録

  それには体をつかう筋道や、心をつかう筋道を明らかにし、人間がその持っている体や心を自由につかえる方法を知らなくてはならない。

 人間の心というものは可笑しなもので、自分の心というものは自由に出来ない。こんなところで怒っては損だと思っていても怒ってしまう。泣くまいと思っていると涙が出てくる。自分の体だって自由に出来ない。もう少し胃袋を働かせようときばったって胃袋は働かない。ところが恥かしいと思うと顔が赤くなる。嫌やな人が傍に来ただけで食欲がなくなる。だから意志では自由には出来ないが、感情では出来る。空想では出来る。

 意識でどんなに顔を赤くしようとしても赤くならないが、十年前のことでも恥かしかったことを想い出すと、顔が赤くなる。この間多摩川で強盗におそわれた人が、私の所に参りまして顔を蒼くしてその時のことを話しておりました。「強盗におそわれたのは昨日のことでしょ。僕が強盗のわけじゃないんだから今そんなに顔を蒼くしなくてもよかろうじゃないか」といったのですが、彼女は蒼くなって震えながら話をしておりました。つまり実感があったんですネ。怖いと思ってる間は顔が蒼くなる。恥かしいという感じがある間は赤くなる。

 だから人間の心や体は自由に出来ないということのうしろには、自由にする方法を知らないということがあります。「胃袋よ働け」といったって、胃袋は働かない。だけども愉快だったらお腹が空いてくる。自分の好きな人のにぎってくれたにぎり飯なら美味い。御飯の中に蠅が一匹入っていたって食欲がなくなる。食欲がなくなるということは、胃袋の働きを抑えたことになる。

 だから意志では自由にできないが、空想とか感情とかいうものを使えば自由に働かせることができる。とすると、自由に動かせるはずの心や体を、今迄は意識というものにだけ、あるいは意志とか努力とかいうものだけ求めていたから、自由にできなかったのだということができる。だから方法さえ得れば、体も心も自由になるはずである。つまり方法を知らなかった為に、無知であった為に、自分の心や体をマスター出来なかっただけで、自由に出来ないと思い込んでいること自体が違う。

 こういう心や体をつかう筋道を知らせるつもりで、私は整体指導ということを掲げてやっているのであります。ですから、みなさんも整体操法の技術をこの心にそってお使い願いたい。肩がこったらもんであげましょう、下痢したらとめてあげます。お腹が痛ければ治してあげます、というような清掃管理人のまねはしないようにして頂きたい。もっと指導的立場をハッキリと自覚して、その立場に立って整体指導をやって頂きたいと思います。

 

 それからもう一つ、今回の講座では、私はみなさんの頭に話しかけることをやめまして、指で憶えて頂くために実習を多くしました。本当は東京の五の日講習で教えて効果をあげてきました指の訓練法をみなさん方にも毎回やって頂きたかったのですが会場の関係で実現できませんでした。

 それで私の希望は、みなさん方がお帰りになったら、毎朝一回でいゝから、判っても判らなくてもいゝ、練習して頂きたい。見つけようなんて気張らないで、スーッと触っていく。意識や意志をこらして調べようとするとかえってわからなくなることが多い。ただ注意することは、一週間続けたら十日は休む。二日でも三日でもよい、休む期間を長くする。そうすると休むことによって指の感覚は進歩する。

 意識的集中によって憶えたことは、集中をやめるとすぐに忘れてしまう。ところが何気なくスーッと触っていくというように潜在意識を通して体に憶え込ませたことは休むことによってその期間中に進歩する。これをしばらくお続けになると、努力しないでやったことの効果がお判りになることと思う。

技術を使う心 3

技術を使う心

野口晴哉

『月刊全生』昭和40年5月号 広島講習伝授会記録

  潜在意識の中にいろいろな固定観念があったり、或いは余剰体力があって自分を示そうという意欲がありますと、意識しないうちにその人の動作をそういう方向に導いてしまう。だから自分は弱いと思い込んでいる人はその如く動作しております。体力が余って何か示そうとする意欲のある人はあらゆる機会に自分を示そうとする。だからそういう人が傍にいると何かザワザワする。

 だから突然「あさっての天気は晴れですか」なんて突飛な質問をする人がいたら、体力が余っていると見ていゝ。人間の中には、産まれた時にオギャーというように、もう始めから自分を主張しようとする要求がある。だからエネルギーが余ると我こゝにありという自己主張が激しくなる。

 だから、いろいろな病気の中にも、アイタヽヽという中にも、そういう要求が無いとは限らない。だから体が弱って病気になっているのだろうか、体の力が余って自己主張の方法として病気を訴えているのだろうか、それを確かめる必要がある。自己主張ならば主張しているものを別の角度で認めれば無くなってしまう。

 訴えなら訴えでその中にある欲しているものゝ方向を見つめさせれば無くなってしまう。だから人間の中にある自己主張というものは、病気の中にいろいろな形態で入っている。自信のなさか、体力の余りか、或いは主張したいことを正直に口でいえないために病気を訴えるのか。叱られて云い訳できないと、プッとふくれるでしょ。わざわざふくれるわけじゃないのだけれど、頬っぺたの方がひとりでにふくれる。そういうように体で表現するということが、病気の場合には沢山にある。

 だからその病気になりたい要求、病気を主張したい要求、そういったような心の一番奥にあるものは何だろうかと。それは確かに我こゝにありという自己主張には違いないけれど、何故わざわざそう出すのであろうか。自信のない為かも知れない。エネルギーが余っているからかも知れない。或いはそれを主張する方法を知らないからかも知れない。だから私達は、相手がイタイイタイと騒いでも、それを体の病気とみる前に、その以前の心の動きをつかまえようとします。

 体を押えたゞけでも治るけれども、それは一時のことである。それ以前にある要素、つまり病人になりたい心の角度を変えて、体の本来の力を発揮して経過出来るように仕向ける。そういう奥にある心を見逃して、イタイということだけしか、こゝを怪我したということだけしか見えなかったとしたら、それは間違いだと思う。同じ転んで怪我をするのでも、腰が悪くて転んだのか、親切に手当てをしてもらいたいためか、エネルギーが余っている為の自己破壊か、それを見究める必要がある。

 エネルギーが余ると子供は乱暴になりますネ。雨の日に部屋にとじ込めておくと、障子を破ったり、襖を破ったりしますネ。エネルギーが余るとそれを鬱散したい要求が高まって、それが破壊になるんです。その破壊現象を抑えられると、一番身近かな自分を破壊し始めるんです。ですから叱られるようなことばかりやる。自分を傷つけるようなことばかりやる。これが非行少年の生まれる理由で、生理的過剰エネルギーの為である。そういう過剰エネルギーで病気になっているとしたら、その過剰エネルギーを鬱散的に誘導しなければ、正当な指導とはいえない。

 ともかく私達は、行動以前にある心、行動以前にあるエネルギーを修正することが目的でありますから、相手のアイタヽヽというようなゼスチャーや訴えにひきずられるとしたら、病人に瞞着(まんちゃく)される行為だといえます。で、それを受け入れることによって病人が治るかというと、病人的要求はいよいよ強まるだけであります。治療行為だと称して、愈々(いよいよ)治療を必要とする病人をつくりだしていくことになる。

 私はそういうことはやりたくない。それ以前のものを対象にしてやっております。

※瞞着(まんちゃく)…あざむくこと、ごまかすこと。