アルダブラゾウガメ玄の生活 ― 気は心と体をつなぐもの

野口整体を探究・実践する「整体生活」について

酒・煙草・悪癖

 今、喫煙というのは文字通り「煙たがられる」行為になっているけれど、野口整体の指導をする人には煙草を吸う人がわりといる。

 それは野口晴哉が喫煙者だったせいもあるかもしれない。私の師匠も若い時、吸っていたそうだが、私が入門した時にはもう吸っていなかった。

 先生が煙草をやめたのは、ある金銭問題に苦しみ、先生の家族が若くしてがんを患っていた(亡くなった)苦難の時だったという。「このまま吸っとったらわしは死ぬな」と思ったからだ、と言っていた。先生はお酒を全くと言うほど飲まなかった。

 私自身は煙草も吸っていないし、お酒も飲めない体質だけれど、野口整体的にはお酒も煙草も「健康のためにやめなさい」と言うことはない。

 むしろ、お酒や煙草を嗜みつつ、その時々の身心と酒・煙草の味・酔い・量などの変化を通じて、体の声を聴くこと、足るを知ることを教える。

 ユングの弟子で、愛人だったトーニー・ヴォルフという分析家はヘビースモーカーで、ユングは禁煙を勧めたことがあったが、彼女は「人間には悪癖が必要なのよ」と言った。それを聞いたユングも最期まで喫煙を続けたそうだ。

 悪癖というのは酒・煙草以外にもいろいろあって、私もご多分に漏れずあるけれど、悪癖は意識水準が下がることで無意識がふと表出され、本音が出たりする通路や窓にもなっている。トーニー・ヴォルフはそのことを言ったのだろう。そういう意味では無意識の抑圧を防ぐ意味があるとも言える。

 ただ、昔、徳島で阿波藍作りをする人に聞いたのだが、藍を作る職人は、酒・煙草の味を覚える前に、藍の発酵過程を舌で(なめて)覚えさせたと言う。その人も中学生の時、父親からそのように教えられたそうだ。

 だから純粋な体の感覚、外界の刺激を感受する外界感覚にとっては、酒・煙草には鈍くする要素があるが、整体で言う感覚の敏感さというのは、そういう意味だけではない。

 快不快(好き嫌い)に振り回されず、自分の客観的基準として感覚を使うとか、自分の潜在意識に気づくという面が大切で、そういう自分の心とつながった、より内的な身体感覚は大人の体にならないと出てこないのだ。

 私自身は飲めないけれど、人とお酒を飲む時の打ち解けた雰囲気は好きだし、ご飯を食べる、というのではないお酒と肴の美味しさというのもあるだろう。一人で愉しむお酒というのも悪くないと思う。だから何だか損したような、うらやましいような気にもなる。

 それに、私は煙草を吸っている人を見るのが嫌いではない。最近、喫煙所は隔離されているのであまり見ないのだけれど、なんだか弱さをさらけ出しているような、裸のその人を垣間見るような気がすることがある。

 煙草をおいしそうに吸っている人というのを首都圏ではあまり見ないが、おじいさんおばあさんがゆったり一服しているのを見ると良いなあと思う。

 マナーはもちろん大切だけれど、「悪癖があるのが人間だ」という緩さも切り捨てないほうが、大人文化ではないだろうか。

多様性を受け入れる

 先日、歩行訓練を兼ねて、ちょっと離れた場所にある公園に、歩いて行って来た。Googleで調べて行ったのだが、ある筈の歩行者専用道が工事で通行止めになっていて、思いのほか長距離歩行になってしまった。

 私は歩いている時、よく人に道をたずねる。スマホもあるけれど、何となく、人に道を教えてもらいながら行くのが好きなのだ。この時も、途中で二度、道を尋ねた。最初の人は品の良い年配の男性で、自転車を止めて、ベンチに気持ちよさげに座っていた。

 しかし、道を尋ねたところ、その人は台湾の人だったようで、日本語がよく話せなかったが、幸い、私は道を尋ねる程度の中国語(普通語)ならできるので、やりとりができ、「太遠!(すごく遠いよ!)と言われたけど、大丈夫と言って歩きつづけた。

「道聞かれ顔」という言葉がある。知らない人に何か尋ねられたりしやすい「顔」のことだが、私は「道聞かれ顔」の方でもあると思う。日本で旅行している時も、さらには海外にいても道を聞かれてしまうことがある。

 そういう私に「気安く声をかけられるようじゃ駄目だ」と言う人もいたが、私は自分もよく道を聞くし、聞かれることを嫌だと思ったことがない。(今回道を尋ねた年配の男性は、まさか日本で道を聞かれると思っていなかったかもしれないが。)

 スマホが普及しても、マスクをするのが普通になっていても、こういう見知らぬ人とのやりとりが失われるような、心のゆとりがない世界になってほしくないなと思う。

 そんなこんなで、この日は空き地に自生しているフキを見つけて摘んだり、桜吹雪やらシャクナゲやら、いろんな植物を見ながらかなりの長距離を歩いたので、帰り路は筋肉痛が出始めていた。

 こういう時、普段気づかない体の使い方の癖を調べることを、亡くなった整体の師匠に教えられた。よくしたもので、痛いなと思うと同時に手が行って、自分で調整しながら歩いていた。

 最初は右の仙腸関節部、昔から先生に押さえられると痛かった処で、私の弱点になっている。それから腸骨櫛、疲れて前のめりになってくると痛い。その後は腿。

 こういう風に観察していくと、体癖だけではない偏り疲労があることが分かる。右の仙腸関節部は私の持つ「体癖らしさ」の発揮を妨げる処だ。

 あまり込み入った説明はしないけれど、心と体両面の生活史、その時々の状態、そういうものと体癖が混在している。

 そして歩きながら、先日聞いた、職場にいる発達障害のある若い人に「できないこと」があって、それを許すかどうか、他の人との兼ね合いで悩んでいる…という話を思い返した。

 こういう話を聴くと、私はふと、特別支援学級にいる姪のことを考えてしまう。あの子もそういう存在になってしまうことがあるかもしれない、と思うとちょっと苦しいけれど、今、目の前にいる人を理解するのが一番大切なことだ。

 実際、会社は現場のことを考慮せず、数合わせで採用するだけで、受け入れ態勢が整っていないのが一番の問題とも言える状況だった。

「障害があるせいでできないのか、怠けているのか分からない」と言うその人に、私は「障害っていうものは、適応能力に制限があることなんだ、と思うようになった」と言った。

 また、そのこと以外は問題ない人なので「その人が時間通りに来させるのは無理だから、勤務時間を細かく計算できるようにした方が良いと思う」と言ったのだが、どうだったのかな…。

 いわゆる普通の人も実際にはそうなのだが、ある環境に適応するためには、ある一定の能力が求められる。それに制限があることが「障害」で、多種多様な凹凸があるだろう。

 今後、発達障害のある人は10人に1人になると言う。「普通」という枠に入らない人を排除するということも「不適応」のひとつになるだろう。

 だいたい、「普通こうでしょう」と言うことの多くは、体癖その他の条件による偏りがあって、敏感に感じる面と鈍い面、得意と不得意がある。みんな無意識的に一面的であり、それだけに他者の感じ方を受容し、大切にするのは家族でも難しいことが多い。

 体癖と発達障害は直接関係ないけれど、整体を通じて、人に対する許容範囲を広げていくことができるといいな…と思っている。

追伸

 本日、4月2日は自閉症啓発デーであることを投稿後知ってしまった…。ごめんなさい。

f:id:kotsuban0731:20210402005554j:plain

散歩の途中で見つけた植物。

 

体癖を知る意味

 野口整体には体癖論というものがあって、興味を持つ人が多いのだが、誤解されたり、本来の意味とズレた理解をする人も多く、人の欠点を「あの人は何種だから」と攻撃する人もいて、困ったもんだと思うことも時々ある。その上、最近は整体の実践もないのに、強引な応用の仕方で人に教えている人までいる。

 資料を見ていたら、野口晴哉が外国人に「体癖」を説明しているくだりを見つけたのでちょっと紹介してみよう(「野口先生との対話 活元運動について聞くⅡ 在日外国人座談会」月刊全生より)。

(「体癖について説明してください」という声に答えて)

野口 体の運動の癖です。前にかがむ癖があったり、後ろに反る癖があったり、左に偏ったり、捻れたり癖があります。意識しての運動の中にそういう無意識の運動が混じるのです。

(註 たとえば子どもがブランコをこぐ時、ブランコの振れ方が捻れていることがある。それはその子が動作時に体を捻る(お尻を振る)癖があるためで、そういう時「捻れ型体癖」があるのかな?と観る。)

多分それは体の欠点を補償する活元運動的なものだと思うんです。誰にでもそういう運動が混じっている。

 その結果、体がある方向に余分に動く、ある方向には敏感に感じるが、ある方向には感じないと言う部分ができてくるんです。そこで、その部分が体のいろいろの故障や体の使い方にも影響するわけです。

体の一部分が無意識に余分に動くから、つまりそこが刺激に対して敏感か、あるいは鈍るから、余分に動いたり全然動かなかったりして、意識運動が少しずつ歪んできて、それが癖になるのです。

…そして前屈する癖のある人は、知らない間に、卑屈になるとか、余分に内向してしまうとか、また逆に余分に行動的になるとか、体の使い方と同じように心の動きにも癖が生じてくるのです。

  ざっくり言うとこういうものなのだが、体癖は単に人をタイプ分けするためにあるのではない。体癖の目的として私が最初に知ってほしいのは、「健康な生活を送るためにある」ということだ。

 体癖に限らず、整体生活というのは「自然であること」を価値観の中心にする生き方のことだと言って良いし、健康であること=自然であること、というのが野口整体の観方である。

 しかし「自然であること」は、人間にとって難しい。私は以前、NHKのドキュメンタリーで、アマゾンの狩猟採集民が子どもの「間引き」をする場面を見たことがあった。

 一見自然のままで、エデンの園に住んでいるかのように見える彼らだが、そこでは、ある妊娠した女性(10代)が、食糧問題などを踏まえ、その子を平等分配型コミュニティの一員にするかどうかを悩み、決断して自ら手を下していた(天・精霊の世界に帰すと理解され、蟻塚に新生児を入れる)。

 極端な例だけれど、人間という種である以上、どのような環境にあっても、もうエデンの園には戻れないのだと思った。

 しかし、体というのは自然のリズムで動いており、自然ということを離れて健康というものは無い。一生の間、健康状態を人為的に管理することは不可能だし、それは健康とは言えない。

 そこで私は、自分が「自然であること」とはどういうことかを知る着手として体癖を知ることをお勧めしたいと思う。

 身心ともに自然から離れている人は、体癖がはっきりしないし、本来とは違う体癖のように見える。また、体癖が不適応な形で現れる。 

 そういう時には、あまり心理的な方面から体癖を追わないで、風邪を引く時のパターンを研究する方がいいだろう。

 先の例で言うと、体が小さく、体重も軽い子どもにとって、ブランコをこぐのは全身運動である。このように思い切り力を出そうとする時、体をつい捻るのだとすれば、それはその子の自然であり、矯正することではない。

 しかし、体が捻れて緊張した形のまま、眠っても弛まない状態になっていると、その子は力を出すことができなくなる。そこで体を弛める、整えることが必要になるのだが、体が緊張と弛緩のリズムを取り戻そうとする自律過程として、風邪を引くことが多いのだ。

 風邪の始まり方には、歯が痛くなる、便秘や下痢、咳が出る、のどが痛くなる、くしゃみ・鼻水などいろいろあるが、そうした症状に主体となる体癖傾向がはっきり出ることが多い(体癖は2~3種類混在しているが、全体の緊張と弛緩をリードする体癖がある)。

 そういう観察を着手として、やはり体からの理解を基本にすることが何よりだし、そこに自然の見えないはたらきを感じてくれたら、さらに良いのではないかと思う。体癖の理解と観察にはさまざまなレベルがあるけれど、まずは自分の体を理解することから始めてほしい。

 

「生活している人間」と新型コロナウイルス

 先日、近くのおいしいパン屋さんで会計をしていたら、ご近所さんらしき女性が「マスク忘れちゃったんだけどいいかな…?」と入ってきた。お客は私一人で、お店の人は私の顔を見てきまり悪そうな顔をしたが、マスク越しに私が笑ったのが分かったようで「いいよ」と言った。なんだか私もほっとした。

 慢性的なあきらめで、「何て息苦しい世界なんだろう」とさえ思わなくなりつつあったが、以前の「普通」が垣間見えたような気がした。

 もうすぐ一都三県の緊急事態宣言が明けるという。7日と21日とでは何がどう違うのだろう…。あんまり効果がないから打ち切るのだろうか。よく分からないが、とにかくそういうことらしい。

 今のところ、身近にCOVID-19発症という人はいないけれど、私の知人が抑うつ症で長期休職することになった。

 こういう時、「コロナうつ」と言われてしまうことが多いのだが、この人の場合は、仕事や家庭内のストレスなど、過去から現在に至る複合的な背景があって、そこに新型コロナウイルス禍が起きた事で、心身の立て直しができなくなる状態へ陥ってしまったようだ。

 身体症状として腰痛があり、鍼治療を受けていたそうだが、それが心理的な辛さや苦しみ、つまりストレスとのつながりが長い間分からなかったようだ。

 COVID-19発症者も、「コロナうつ」患者も、大雑把にある一つの共通項で括っているだけで、人間を意味している言葉ではない。そのことは、胆に銘じておきたいと思う。

 

 話は変わるが、最近、宮本浩次の『ROMANCE』をまた聴いてみたのだが、このアルバムの中に、私が「懐かしい」と感じる曲は「First Love」(宇多田ヒカル)だけだということにはたと気づいた。知っている曲だけれど懐かしくはない。

 松田聖子の曲もあるけれど、私が小学校低学年の頃の楽曲で、流れているのを聴いていただけだったのだろう。嫌いだったわけではないのだが…。

 少し前に読んだインタビューで、甲本ヒロトが12、3才の時に突然音楽が「聴こえてきた」「自分の中に入ってきた」という話をしていて、甲本ヒロトは頭がおかしくなりそうなぐらいの衝撃だったという。

やっぱりそれを境に音楽にはまっていった人だから、そういう衝撃もあろうかと思うが、音楽体験として「自分の中に入って来る」という感じは分かると思った。

それと、自分のその時の感情と楽曲と結びついていないと「懐かしい」とは感じないのだと思う。

「First Love」は、あの小室哲哉プロデュースの楽曲がどこにいってもかかっていた時代に私が感じていたウンザリ感と、宇多田ヒカルが登場して、それを一人で一気に終わらせた爽快感が懐かしく感じる要因ではないかと思われる(なんて失礼なんだろう)。

やっぱり「あー、あったね」というだけではなく、追憶というのがないと「懐かしい」とは言えない。

 でも、あんまり自分の思い入れがない曲だから『ROMANCE』というカバーアルバムを楽しめたのだろう。むしろこれから、新型コロナの時を思い出す、懐かしいアルバムになっていくような気がする。コロナ禍が過去になって、そう思える時が早く来るといいのに。

f:id:kotsuban0731:20210319215140j:plain

黄昏時ラベンダー。春に咲くラベンダーがあると知らなかった。

 

霊動法(鎮魂法)と活元運動

 少し前に、活元運動を指導する会で、参加者から霊動法と活元運動の違いについて質問された。

 その人は神道に興味のある人で、神道系の本に霊動法は「野口整体の活元運動と似ているが違う」と書いてあった、と言った。

 最近、若い人の間で神社詣りなども流行っているけれど、呼吸法などの古神道に伝わる身体技法についての新刊も出ていて、結構よく読まれているようだ。

 以前、私が読んだ霊動法の指導をする人の本でもそうだったが、野口整体の活元運動は、神道系の指導者から上から目線で「違う」と言われることが往々にしてあり、その人の読んだ本のニュアンスもそうだった。

 活元運動は、「鎮魂法」という神道の行法(宮中祭祀にもある)が元にあり、松本道別田中守平という人が、鎮魂法を健康法として再編したと言われる。野口晴哉松本道別に師事していた。

 昭和初期ぐらいまでは、霊動法を指導するいろんな派があって、その治療効果から、医師の中にも推奨する人が結構いたらしい。

霊動法は、最近、平田篤胤(幕末の神道研究家)の弟子で、晩年、伊勢原市大山阿夫利神社宮司を務めた権田直助(元医師)も、霊動法による治療を行っていたそうだ。

松本道別は、霊動は外から神が依るのではなくて、自分の魂が体を振動させるのだと説いた。野口晴哉はそれを踏まえた上で、松本道別以上に近代的な説き方をした。

 それは、野口先生が当時の霊道法の指導者の中では最後の世代で、年齢もかなり若い上、東京生まれだったこと、大本教事件や軍国主義化などで鎮魂法や神道に関することを、気安く語れない時代になっていたことも影響しているかもしれない。

 ともかく、野口整体では活元運動の発動を「霊」とか「神」の存在を措定せず、宗教色を排した説明をするために、神道系の人からは「精神性(霊性)が低い」と見えてしまうということがあるようだ。

 ただ霊動法といっても、どうやって発動させるかなども各派で違うし、どういう指導をするかとか、何を目的とするかでかなり質が変わって来るのではないかと思う。

 こうした事情もあり、霊動法・鎮魂法の指導者が上から目線で「違う」と言っている、という前提で、活元運動はどう違うのかを説明するのはけっこう難しくて、分かってもらえたかな…?という感じを残してしまった。

 これはたしか、河合隼雄ユングだったと思うが、伝統的に神の存在や宗教的世界観の共有があって行われていた治療法が、近代に入って人間対人間で行うようになったのが心理療法というものだ…と説明している文章を読んだことがある。

 そういう意味では、神道系の霊道法と活元運動も同様で、活元運動の指導者にも神様の御威光という後ろ立てはない。

 また野口晴哉は、運動中、良いも悪いも、美も醜も、その人の中(潜在意識)にあるものが出てくるのだと説いた。

 実際その通りで、ただ活元運動をやっていればいいというものではなく、心身両面に出てきたものと向き合い、乗り超えていくことで進歩し、成長する。そこに、自分の責任という問題が出てくる。

 狐(?)とか邪霊のせいにして、それをお祓いで無いものにする(キリスト教で言えば悪魔祓い)というよりも、対話を続けて一緒に生きていく、自分の一部として統合していくのだ。お祓いするとすれば、自分の雑念とか、潜在感情(コンプレックス)である。

 今の古神道各派の指導者に認められているとは言えないけれど、活元運動のルーツに鎮魂行法、霊動法があることは確かであり、私個人は、幕末から明治にかけて、鎮魂法を伝えた人たち、また民俗学的な、一般の人たちの宗教性にも関心を持っている。

 そして、野口整体を実践する人には、野口整体の背景にあるものと、独自性の両方を理解して欲しいと思う。勉強してしっかり答えられるようにしておこう…と反省した。

 

鼻づまり体操ができなかった人へ+雑談

 このブログで少し前に書いた、宮本浩次エレファントカシマシ)が文化庁芸術選奨文部科学大臣賞受賞とのことで、まずはおめでとうございます!でも、たまたま見た記事では、肩書が「ロック歌手」になっていたのが何だかおかしかった。

 ロックと歌手という言葉の組み合わせにちょっと違和感…。それに今、あんまり言わないような…。でも、それがまた昭和っぽくて宮本氏に合っているような気もする。

『ROMANCE』の評価が受賞理由のようだが、昭和の歌謡曲は、進駐軍ジャズから始まってブルースやR&Bなど、ブラックミュージックの影響が結構強いのだと思う。特に演歌とR&Bは相当近い気がする。それがJ-POPの礎になったのかな、としみじみ。

 昭和といえば、最近、ほぼ日刊イトイ新聞甲本ヒロトのインタビュー(バンド論。)も読んだのだが、すごく良い内容だった。中学生の頃、好きだったなあ、THE BLUE HEARTS。今はもうあまり聴かないけれど。

 でも、改めて写真を見て、甲本ヒロトに整体で言うところの前後型体癖があることが分かり、ちょっとびっくりというか、意外だった。六種かな…? 

 少し前には、よく読むブログで小沢健二フリッパーズギター)のことを書いている人がいて、これは平成だけれど高校生の時を思い出した。私の郷里では、おでんを「おやつ」的に食べる習慣があり、駄菓子やさんなどでおでんが売られていたものである(コンビニではなく、個人商店)。ソウルミュージックではなく、ソウルフードかな。

 おでんもお店によって違いがあり、甘い味噌をつける店や青海苔と鰹節粉をまぜたものをかける店、その混合体などいろんなスタイルがあった。また、ジャガイモが入っていることが多かったが、他の地域ではあまり見ない。

 私の通学路には、中高年四人姉妹が経営する、おでんと焼き芋(+大学芋)、夏はかき氷を出すお店があって、そこで友達と小沢健二やら何やらのばかなおしゃべりを延々していた。

 当時「渋谷系」と言われ、おしゃれだった小沢健二の話をおでんと焼き芋の店(隣では近所のおばさまが世間話)でしているのが、田舎の高校生の哀れさなのだが、それも楽しい思い出だ。

 この小沢健二のことを書いていた人は、自作のおでんの写真をupしていたことがあって、それが私の郷里のおでんとは違い、見た目がきれい(関西風?)だったのが印象的だった。お隣の県の人ではないかと思われるが、こんなに違うの?それともこの人の好み?分からない。

 くだらんことをぐだぐだ書いてしまったが、今回私が書かねばならないことは、前回紹介した体操が「できない」という人がいたので、その代替となる体操の紹介である。

 この人はふくらはぎがバレーボールみたいな人で、バレーボール(肉)が後ろ膝の間に挟まってしまうことと、腰が硬いせいで足が上がらなかったようだ(ごめんね)。

 では代替的鼻づまり体操の紹介。

1 仰向けになる。

2 膝を立てる。膝の間を少しあけて、リラックスできる足の位置を探す。

3 鼻が詰まっている方の踵を床に落とすようにして叩く。トントンと20~30回位。

先の体操のような即効性はないが、終わってしばらくするとだんだん鼻が通って来る。

※試したことはないが、椅子に座ってやってもできるのではないかと思う。

鼻づまり(ちくのう症)体操 実技編

 ★図は本当に下手で泣きたいぐらいに気が引けるけれど、参考までということで、お許しいただきたい(質問はコメントで)。

 1 うつ伏せに寝て少し顔を浮かせる。

2 浮かせる前に顔があった辺り(顔の下辺り)に手を並べて置き、肘までぺたっと床に腕をつける。肘は脇に付けること。そのままの形で胸を張るようにして上体を起こす。(手の位置は多少調整して良い)

f:id:kotsuban0731:20210225164358p:plain

3・4 そのままの姿勢で片方ずつ膝を曲げてかかとでお尻を叩くように足を動かす。踵が足につかない時は「そのつもり」でやる。ポーン、ポーンと弾むようにやると良い。その都度足を着地面まで戻すこと。

f:id:kotsuban0731:20210225164418p:plain